Fast Ordering

手軽に高級チョコレートが食べられる方法を大公開!

美味しく食べる方法

温度が重要

パッケージ

高級チョコレートを食べるときの温度ですが、室温にして20度前後と言われています。春とか秋の気候であれば、常温でそのまま食べられます。夏場は部屋の中に置いておくと、高級チョコレートが溶けてしまいますから、冷蔵庫に保存しましょう。食べるときには、冷蔵庫から出して室温に戻してから食べます。冷蔵庫から出して1〜2時間程度が、チョコレートを美味しく食べるタイミングです。真冬は、チョコレートが固くなってしまうため、これも温かい部屋の室温に戻してから食べた方がよいでしょう。冷たい状態の高級チョコレートを食べるのがお好きな方もいるかもしれませんけど、チョコレートの口どけとカカオの香りを楽しみたいのであれば、このタイミングがベストです。なお、エアコンで部屋の温度を20度に設定している場合は、季節に限らず、室温で食べることができるでしょう。高級チョコレートは、保存状態にも気を遣う必要があります。部屋の温度以外に、湿度や光などもチョコレートの成分であるココアバターに影響を与えます。太陽光の差し込むところに高級チョコレートを置いておくと、ココアバターの成分が劣化します。また、湿度の高いところにしまっておくと、カビが生えることがあります。湿度は、50%程度が最適と言われています。直射日光を避けて、通気性の良い場所に保管しましょう。高級チョコレートをいただいたら、賞味期限がきれない美味しいうちに召し上がることです。

大ヒットしている理由

婦人

通販サイトのグルメ部門で高級チョコレートが大ヒットしています。ネット通販が盛んになる前は、高級チョコレートを手に入れるためには都心のデパートなどで買うしか方法はなく地方では手に入りにくい高嶺の花でした。しかし、交通網とインターネットが発達した現在ではクリック一つで簡単に高級チョコレートを購入することができます。しかも、国内のみならず世界各国の高級チョコレートを購入することも可能なのです。高級チョコレートはちょっとしたプレゼントに最適なお菓子ですが、自分へのご褒美としても購入されています。市販のチョコレートとは格段に違うアロマと味わいは、本格的な原料と製法によるものです。徹底した温度管理の下で、一粒ずつ丁寧に作られています。和菓子のように見た目も美しいため、舌だけでなく目も満足させることができる特別なお菓子です。近年チョコレートに含まれるカカオのポリフェノールに美容効果や健康効果が認められたことから、ヘルシーな食品として評価されるようになりました。美味しい上に体にも良いという事実が、高級チョコレートブームを盛り上げています。高級チョコレートには良質のカカオが高濃度で配合されているため、その分だけ健康効果が高いのです。通販サイトによっては、贈り先に直接配送してくれる場合もあります。ラッピングもしてもらうことができるため、プレゼントに最適です。また、配送時にはチョコレートの品質が低下しないように低温で管理が行われています。

原料の違いによる味わい

カート

1粒で1000円を超えるものもある高級チョコレートと、1枚100円前後で売っている一般的なチョコレートがあります。同じチョコレートなのに何故これほど値段に違いがあるかと言うと、まず最初に原料の違いが挙げられます。チョコレートの原料であるカカオ豆には大きく2種類があります。一般的なチョコレートには入手しやすく苦みが強いフォラステロという品種のカカオ豆が使われていますが、高級チョコレートには苦みが控えめで香りが高く、小規模栽培で希少価値が高いクリオロという品種が使われていることが多いです。次はココアバターと植物油脂の違いです。高級チョコレートには植物油脂は使用されていませんが一般的チョコレートには10%前後の植物油脂が使用されています。本来ココアバターの作用で芳醇な香りに加え口中でとろける食感になるのですが、ココアバターは高価なため植物油脂にその役割をさせているので香りと食感に違いが出ます。原料以外でも、製造方法による違いが挙げられます。一般的チョコレートは大量に仕入れた原料を使い、自動化された工場で大量生産されていますが、高級チョコレートはチョコレート職人が原料の仕入れや調合などを含め全て手作りで製造しているため必然的にコストは高くなります。また、高級チョコレートは輸入品が多いので税金や運賃などがかかるのも高級である理由の一つでしょう。最近では通信販売で、数多くの高級チョコレートの入手が可能です。なかなか食べることができない高級チョコレートですが、日頃頑張っている自分へのご褒美として奮発してみてはいかがでしょうか。